Limインスタシステムの新管理画面の見方を徹底解説!

May 19, 2019

1/10
Please reload

あなたがインスタグラムで稼げない、集客できない、活用できない理由と解決方法のまとめ。

 

現在弊社フォロワーアップシステムでも3000アカウントを超えるインスタグラムの運用を行っております。しかし、すごく成功しているアカウントと、まったく成功しないアカウントにくっきり別れるのが見えてきましたので、今日はそんなアカウントを比べながらわかりやすく説明していきましょう。

ビジネス感が出すぎている

今回は色々な業種で良い、悪いをとっっっっても簡単に説明してみます。ぜひ自分の業種ではなくても勉強になる部分があるのですべて読んでみてください。

 

 

①ハンドメイドなどを販売している場合

 まずインスタグラムでものを販売する場合正しい順序があります。それは「ライフスタイル」を好きになってもらうこと。例えば左のアカウントではただ商品の写真を投稿し、投稿の文章にも価格などを掲載しています。これではただのカタログと同じになってしまいます。一方右のアカウントはオーナーのライフスタイルを前面に打ち出し、「今日は暑かったからカフェ行ってきた」などと商品と全く関係のない文章をのせています。販売するという面では左の方がダイレクトでいいように思えますが、実は右のアカウントは4万人以上のフォロワーを獲得しています。これは彼女(オーナー)のライフスタイルに興味を沸かせ、その後フォロワー達たちが「彼女はどんな服をきているんだろう、どんなアイテムをつけているんだろうと」と気になり自然にサイトに来て購入してくれるのです。そして何より一度購入していただいたお客様にキャンペーンの告知などをいままではメルマガで行っていたかと思いますが、メルマガではノイズでしかありません。一方でインスタグラムで一度フォローしていただけると継続的にフィードにとても自然に掲載されるのでノイズにはならず再来店や再購入につながります。

 

②レストラン・カフェの場合

左のアカウントでは、お店のメニューをそのまま写真でとって投稿したり、オーナーの趣味である自転車の写真を混ぜて投稿したりしています。これでは統一感がなく、ごちゃごちゃしたアカウントになってしまいます。一方右のフォロワー58,000人のBLUEBOTTLEさんのアカウントは、写真のすべてにカフェのロゴを入れておりブランディングを大事にしています。このようにインスタ映えするような場所だということ写真を通してを伝えれば、当然それに魅かれ多くのひとが訪れ、そして訪れた人達も同じようにこのボトルのロゴを投稿しバズ効果(拡散効果)を生み出し、お客さんがお客さんを呼ぶ連鎖につながります。今の時代は料理よりもインスタ映えするかがとても重要になってきます。次にレストランなどの飲食の場合です。

左のアカウントはお店のメニューをコラージュを使って投稿しています。もう何が何だかわからないほどごちゃごちゃしてしまっておりますが、じつはこれ数店舗を都内で経営する高級和食料理店のアカウント。一方弊社で運用している右のMERCHANT様のアカウントでは朝ごはんの日替わりメニューを中心に投稿をしており、投稿文章にもレシピやカロリーなどを細かく記載しています。そのレシピやヘルシーさに興味を持ち、今ではフォロワー140,000人で女性を中心に大人気なカフェとなっております。このように投稿文章に工夫を入れるなどもブランディングやリピーター、そして新規ファンの獲得に重要になります。

 

③エージェントなどの場合

例えばよくある左にあるような[副業紹介します]系のアカウント。MLMマーケティングや、投資や保険会社、人材派遣などのインスタグラム運用の場合大前提で「迷惑行為」と受け取られるでしょう。しかし一方で右のアカウントのように「カフェ会」という会のもとアカウントを運用し「今日は◯◯ちゃんと会ってきました」と記載し、その感想を書いたり、おすすめのカフェ情報を書いたりするなどをして運用を実施、その結果今ではフォロワー数6200人になり、同世代、または新しい世代の方とのファーストミートに繋がりビジネスが広がっています。まずは個人でのライフスタイルで信頼感を得て、気軽に「会ってみたい」と思わせるような工夫が必要です。「いくら稼げる」とか金持ちぶる投稿を続けるのも無意味です。

 

④美容系アカウントの場合

例えば美容師やエステシャン、またはメイクアップアーティストなどの場合は「まずは自分が一番輝く」が原則です。そして商品やお店の紹介はインスタ上に投稿するべきではありません。よくある左のBEFORE/AFTERは正直ありふれすぎている写真です。このような写真は誘導先のホームページのみで記載しましょう。右のアカウントではとにかく「この人綺麗だな」とか「憧れる」ような感情をフォロワーから魅き立てます。そして一番大事なのは投稿内容です。美容にいい食べ物やライフスタイル、ストレスをリリーフする方法など情報サイト的な文章を掲載するだけでフォロワーは「参考になりそうだな」と感じフォローをし続けてくれるのです。それでもなければ他人のアカウントをフォローし続ける人は多くありません。その後はどんどん美容に興味があるフォロワー達が溜まってくるので自然にプロフィールに張ったURLからホームページに流入しお問い合わせや対面でのカウンセリングにつながります。

 

⑤店舗型の場合

店舗を経営しているかたは必ず行っていただく必要があるのが、ビジネスアカウント登録です。店舗のアカウントの目標は「来店」の獲得のはず。しかし左のアカウントのようにどこにあるのかもわからないのでは正直だれからもフォローされないですし、されたとしても来店獲得は不可能。一方右のアカウントではインスタグラム上から電話予約も、メールも、道順までもタップひとつで可能です。そして何経由で来店が来たかのモニタリングのため「インスタからだとドリンク一杯無料」などとプロフィールに記載するなどモニタリングの体制も整えていますね。HPのリンクをプロフィールへ貼り付けるのもブランディング施策で重要です。また、ビジネス登録をすると何が良いかというと、チェックポイントに表示されるのです。例えば一度自分のお店に来てくれた人が自分のお店で撮った写真をを投稿するときにチェックインしてくれたとすると、それを見たその友達がまたお店のことを知ってくれるバズ効果(拡散認知)が生まれる。それがSNSのいいところですね。

 他にも弊社には色々な知識や知見があります。うまくインスタグラムを活用して運用をすれば情報誌やテレビ広告、などに莫大な費用をかけずとも集客は簡単です。しかしやはりセンスが大事なインスタグラム、次に写真の取り方なども実際のインスタグラマー達が紹介しているのでぜひ確認してください。こちら

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

Lim~流行はインスタグラム始発

特集記事

お店・ネットショップに集客

インスタフォロワー増える

インスタマーケティングを学ぶ

インスタグラマーになるために

インスタで話題のモノ・コト

インスタのコツを紹介

お店・ネットショップに集客

インスタフォロワー増える

  • HP管理事業者名:株式会社Lim Japan .

  • 住所: 東京都港区芝3-40-4 三田シティプラザ 4F

  • 法人番号:7010001185023

  • 問い合わせ:Lim Official(LINE@)